GMOグローバルサイン

IoTデバイスセキュリティ

導入・協業事例

IoTデバイスセキュリティサービス(IoT ID プラットフォーム byGMO・IoT協業プログラム)導入・協業事例をご紹介します。

利用サービスから探す

導入事例

協業事例

導入事例

映像セキュリティシステムへの電子証明書搭載

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社(現:i-PRO株式会社)様「EXTREMEシリーズ」への導入

映像セキュリティシステム「EXTREMEシリーズ」のネットワークカメラへ電子証明書を搭載。悪意ある第三者による通信の傍受や、正規のIoTデバイスになりすました不正アクセスを防止、撮影・録画したデータをSSL暗号化通信によって安全に伝送。

次世代型IDライフサイクル管理

協業事例

IoTデバイスのセキュリティ強化とシンプルな管理・運用

インフィニオン社との連携による「Azure IoT Hub」へのIoTデバイス登録ソリューション提供

インフィニオン社のオンプレミスCA(認証局)から発行された電子証明書を半導体チップに予め組み込むことが可能。「IoT Edge Enroll」によりIDが一元管理。IoTデバイスメーカーやシステムインテグレーターなどに向けて提供。

「スマート物流サービス」物流システムのセキュリティを強化

ZiFiSense Info Tech社・株式会社テクサー社との協業

輸送トラック搭載型の基地局「ZETA AP Micro」に電子証明書を発行することで、複数事業者間で物流データの共有・活用が行われる「スマート物流サービス」の物流システムのセキュリティを強化。

次世代型IDライフサイクル管理

ICチップの物理的領域に
電子証明書を直接書き込むことのできる「G-Shield」

Big Good社と「G-Shield」を共同開発

「G-Shield」を用いることで、インターネットに接続するIoT製品(IoTデバイス)に搭載するICチップに対して、そのデバイスの真正性を証明する電子証明書(クライアント証明書)を発行することができ、製品の出荷の前段階でセキュリティ対策が可能。

次世代型IDライフサイクル管理

IoTデバイスセキュリティサービス PDF資料

以下の資料をご用意しております。

IoT IDプラットフォーム byGMO
サービス概要

IoT IDプラットフォーム byGMO サービス概要

導入・協業事例
データシート

お客様導入事例

サービスに関するご質問・ご相談はこちら