1. SSLのグローバルサイン
  2. 新着情報
  3. ニュース&プレスリリース(過去分)

新着情報

ニュース

2010年11月8日

JS3、GMOグローバルサインおよび日本セーフネットとの連携により プライベートCA Gleasのバージョン1.8で「パブリックルート署名サービス」に対応
~日本セーフネット「FIPS140-2 Level3のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)」を利用~

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ (本社: 東京都荒川区、代表取締役 山田 公介、以下 JS3) は、JS3が開発・販売するプライベート認証局 「プライベートCA Gleas(グレアス)、以下Gleas」が日本セーフネット株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長 酒匂  潔、以下日本セーフネット)のFIPS140-2 Level3のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)製品との連携により、GMOグローバルサイン株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長 中條 一郎、以下GMOグローバルサイン)の「パブリックルート署名サービス」に対応することを発表します。

GMOグローバルサインの「パブリックルート署名サービス」は、企業、団体が独自のルールで構築・運用するプライベート認証局に、パブリック認証局GlobalSignの信頼を付与するサービスです。
プライベート認証局は、社内サーバへのアクセスコントロールなど、既知のメンバー間で限定的にやりとりを行うクローズドなコミュニティでの認証手段として有効です。プライベート認証局の「Gleas」を用いることによって、電子証明書の有効期限、記述内容、および証明書発行プロセス等に関して柔軟な運用を実現できます。一方で、クラウドやSaaSの活用といったオープンなコミュニティでの電子証明書の利用拡大に際し、セキュリティ警告が表示されないよう、プライベート認証局のルート証明書を利用者に配付することが重要な課題となっています。また、証明書を認証の用途だけでなく、S/MIME(署名・暗号化メール)に使いたいというニーズも高まりつつあります。

今回、「Gleas」が「パブリックルート署名サービス」に対応することにより、「Gleas」からGlobalSignのルートCAに紐付くパブリック証明書の発行が可能となります。GlobalSignのパブリックルート証明書は、一般的なブラウザ、OS、メールソフトに「信頼されたルート証明機関」として既に登録されているため、「Gleas」から発行された証明書は、特別な事前準備や設定を行わずセキュリティ警告表示の回避、デジタル署名の検証を行うことができます。すなわち、「Gleas」を利用するお客様は、柔軟な運用が可能なプライベート認証局、「信頼されたルート証明機関」に紐付くパブリック証明書の双方のメリットを享受することができます。

JS3の「Gleas」は、プライベート認証局の開発・販売から得たノウハウに基づき、さらに高い柔軟性と操作性を実現するために開発された認証局アプライアンスです。ここ数年、プライベート認証局は企業でのリモートアクセスを中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。その背景には、インターネット、クラウドなどの普及とともに、iPhone・iPadなどの新たなデバイスの登場により、企業における情報資産管理に関する大きな変化が発生しているものと思われます。「Gleas」は、このようなニーズに柔軟かつ迅速に対応できる製品を目指し、新たな機能の装備、他製品との積極的な連携を図っております。

また、「Gleas」が「パブリックルート署名サービス」を実現するためには、ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)という耐タンパ性を持ったハードウェアを使用して認証局のルート鍵を保護することが重要であり、米国国立標準技術研究所(NIST)が政府調達のセキュリティ基準として定めた「FIPS140-2 Level3」の規格を満たしたHSMが必須となります。このHSM製品の開発・製造ベンダーである米国SafeNet社はグローバル・マーケット・リーダーであり、その日本法人である日本セーフネットは今回の提携により、「Gleas」の「パブリックルート署名サービス」を利用するお客様に強固な鍵管理と万全な信頼性を実現するためのHSM製品をご提供いたします。日本セーフネットのHSM製品の大部分が前述のFIPS140-2の認定を取得しており、PCIボード型、ネットワークアプライアンス型など、お客様のプラットフォームに応じた柔軟なHSM製品群がご提案可能となっております。

3社は、「パブリックルート署名サービス」の導入を検討されるお客様、ソリューションとして提案を検討される販売パートナー様を協力して支援することで、本ビジネスの立ち上げを共同で推進します。

JS3は、今後5年で5億円の売り上げを目指します。

JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発の「プライベートCA Gleas」を中心に、USB トークンやスマートカードなどの認証デバイスと組み合わせたビジネスを積極的に展開しています。

GMOグローバルサインについて
世に電子認証サービスが登場し始めた初期の段階より、ベルギーで10年以上にわたって電子認証サービスの提供を行ってきた認証局です。ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っております。2006年にGMOインターネットグループ傘下となり、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。
(※)eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。

<主な実績:(数値は累積発行数)>
* 10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績
* 140万枚を超える電子証明書発行実績(個人向けデジタルID・ウェブサイト・ICカード向けなどを全て含む)
* 合計2,000万枚以上の証明書発行実績を持つパブリックルート認証局(下位認証局からの発行含む)
* 政府関連機関をはじめとするベルギー官公庁・大手企業への数多くの納入実績
<主なプロフィール>
* ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局
* CABF(CA/Browser Forum)メンバー
* Anti-Phishing Working Groupメンバー

日本セーフネットについて
日本セーフネット株式会社(http://jp.safenet-inc.com 代表取締役社長:酒匂 潔、本社:東京都港区)は、米国SafeNet, Inc.の日本法人で、2001年の設立以来、ネットワークやアプリケーションのセキュリティ製品の日本国内での販売、マーケティング、サポートを提供しています。

【本件に関する問い合せ先】
〔JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ〕
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル7F
E-Mail:sales@jcch-sss.com TEL:03-5615-1020 FAX:03-5604-1563
〔GMOグローバルサイン〕
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー10階
GMOグローバルサイン株式会社 法人営業部 
TEL:03-5728-1551  FAX:03-5728-1552  E-mail:pr@globalsign.co.jp
〔日本セーフネット〕
〒105-0004 東京都港区新橋6-17-17 御成門センタービル8F
E-Mail: jp-info@safenet-inc.com TEL : 03-5776-2751  FAX : 03-3436-2236

【製品の詳細】
・「Gleas」
http://www.jcch-sss.com/
・「パブリックルート署名サービス」
http://jp.globalsign.com/service/publicroot/
・「FIPS140-2 Level3のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)」
http://jp.safenet-inc.com/products/pki/index.asp

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.