GMOグローバルサイン

新着情報
お知らせ

GMOグローバルサインより、新着情報を随時更新しております。

  1. GMOグローバルサイン
  2. 新着情報
  3. お知らせ
  4. SSLサーバ証明書の最大契約期間に関する再発行、SANの追加・削除について
2020年08月07日 15:00 お知らせ

SSLサーバ証明書の最大契約期間に関する再発行、SANの追加・削除について

※2020年8月12日 12:00追記
SSLサーバ証明書の最大契約期間に関する再発行、SANの追加・削除におきまして、追加のお知らせをいたします。

「2020年9月1日以降に再発行した時点の残存有効期間が397日を超える証明書のお手続き」につきましては以下サービスも対象となり、同様のお手続きが必要となります。

・クイック認証SSL
・アルファSSL
・国会議員向けウェブサイト用証明書
・地方公共団体首長・議員向けウェブサイト用証明書
・政党公式サイト向けウェブサイト用証明書

平素より、グローバルサインをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

グローバルサインでは、2020年8月31日(月)にSSLサーバ証明書の最大有効期間および、お申し込み可能な最大契約期間の短縮を実施いたします。それに伴い、企業認証SSL、EV SSLの再発行、SANの追加・削除に関してお知らせいたします。

詳細は下記をご参照ください。

対象サービス

・企業認証SSL
・EV SSL

各対象サービスの再発行、SANの追加・削除

各対象サービスにおける再発行、SANの追加・削除の際に必要となるお手続きは下記をご参照ください。
※2020年8月31日までに発行された証明書を、2020年9月1日以降に再発行(またはSANの追加・削除)した場合が対象となります。
※ SSLマネージドサービスのEVレベルのドメイン追加・削除・更新についてはSANの追加・削除と同様のお手続きが必要になります。 OVレベルのドメイン追加・削除については、必要に応じてドメインの認証・再認証のお手続きを行ってください。

2020年9月1日以降に再発行した時点の残存有効期間が397日を超える証明書のお手続き

2020年9月1日以降に再発行した時点の残存有効期間が397日を超える場合は、有効期間が397日に短縮されて発行されます。短縮された証明書は、後日、元の証明書の有効期限まで397日以内となった段階で再度再発行いただくことで、元の有効期限に設定された証明書をご取得いただけます。

2020年8月3日新規発行の証明書(有効期間2年)を2020年9月3日に再発行した場合

※EV SSLで、有効期間が短縮されるケースに該当する場合は、「EV SSL(有効期間終了日が変わる場合)」の表をご確認ください。

企業認証SSLの再発行、SANの追加・削除に必要なお手続き


組織の認証情報再利用
(825日以内)
ドメイン認証情報再利用
(825日以内)
必要なお手続き
審査(本人確認) ドメイン認証
(お客様によるお手続き)
再発行
SANの削除
自動発行
× ドメイン認証
× 審査
× × 審査・ドメイン認証
SANの追加 審査
× 審査・ドメイン認証
× 審査
× × 審査・ドメイン認証

EV SSLの再発行、SANの追加・削除に必要なお手続き


組織の認証情報再利用
(397日以内)
ドメイン認証情報再利用
(397日以内)
必要なお手続き
審査(本人確認 + 書類提出) ドメイン認証
(お客様によるお手続き)
再発行 自動発行
SANの追加 / 削除 審査
× 審査・ドメイン認証
× 審査
× × 審査・ドメイン認証

EV SSL(有効期間終了日が変わる場合)の再発行、SANの追加・削除に必要なお手続き


組織の認証情報再利用
(397日以内)
ドメイン認証情報再利用
(397日以内)
必要なお手続き
審査(本人確認 + 書類提出) ドメイン認証
(お客様によるお手続き)
再発行
SANの追加 / 削除
審査
× 審査・ドメイン認証
× 審査
× × 審査・ドメイン認証

お問い合わせ

ご質問や不明な点などございましたら、下記よりお問い合わせください。

WebCMはこちら