GMOグローバルサイン

新着情報
お知らせ

GMOグローバルサインより、新着情報を随時更新しております。

  1. GMOグローバルサイン
  2. 新着情報
  3. お知らせ
  4. 一部SSLサーバ証明書の中間CA証明書移行に関するお知らせ
2020年07月22日 16:00 お知らせ

一部SSLサーバ証明書の中間CA証明書移行に関するお知らせ

平素より、グローバルサインのサービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、一部のSSLサーバ証明書において、新しい中間CA証明書に移行いたしますことをお知らせいたします。対象サービスにおきましては下記変更実施以降、新たな中間CA証明書からの発行となります。
対象サービス・内容等の詳細は下記をご参照ください。

変更実施日

2020年8月14日(金)

対象サービス

・クイック認証SSL
※変更実施日以降に発行(再発行、更新含む)される証明書が対象となります。

内容

対象サービスの中間CA証明書を新しい中間CA証明書に変更します。変更実施日以降に発行される対象サービス(再発行や更新も含む)は、新しい中間CA証明書から発行されます。

背景

グローバルサインでは、SSLサーバ証明書の業界団体であるCA/ブラウザフォーラムの取り決める規定に常に準拠する認証局運営を行ってまいりましたが、このたびCA/ブラウザフォーラムとRFCの規定の間に相反を確認いたしました。仕様の見直しを行った結果、新たな中間CA証明書に移行することを決定いたしました。

※RFCとは
Request for Commentsの略。インターネット技術を議論し、技術的な仕様を標準化する任意団体であるIETF(Internet Engineering Task Force)が発行している、技術仕様などについての文書データベース。インターネットで用いられるさまざまな技術の運用や約束事に関する、事項の提案やコメントなど幅広い情報共有を行うために公開されており、記録された各文書には「RFC XXXX」のように固有の番号が割り振られる。

お客様側でのご対応事項

変更実施日以降に対象であるSSLサーバ証明書を発行(再発行、更新含む)する際は、新しい中間CA証明書から発行されるため、発行時にサーバ証明書とともにお送りする新しい中間CA証明書をインストールくださいますようお願いいたします。

新しい中間CA証明書

新しい中間CA証明書は変更実施日以降、下記より取得可能になります。
リポジトリ(ルート証明/中間CA証明書)

FAQ

Q:中間CA証明書が変更になることで、証明書のインストール方法に変更はありますか?
A:インストールの方法に変更はございません。

Q:中間CA証明書が変更になることで、対応ブラウザも変更がありますか?
A:ルート証明書は同一でございます。ブラウザ・携帯電話の対応に変更はございません。

Q:新しい中間CA証明書から発行されたSSLサーバ証明書を利用する際には、サーバへルート証明書と中間CA証明書のインストールが必要でしょうか?
A:中間CA証明書のインストールが必要となります。ウェブサーバアプリケーションによっては、ルート証明書のインストールも必要な場合がございます。証明書のインストール時には、必ず下記マニュアル通りにご対応くださいますようお願いいたします。
証明書のインストール方法はこちら

Q:現在APIでの通信時にSSLを使用していますが、中間CA証明書の変更により通信ができなくなることはありませんか? A:API通信時にサーバとサーバの間で通信を行っている場合、アクセス元のサーバへも新しい中間CA証明書のインストールがされていないと、エラーとなることがございます。事前に接続元へ新しい中間CA証明書の配布を行い、インストールをしてください。

お客様にはご面倒をおかけいたしますが、ご理解、ご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

ご質問や不明な点などございましたら、下記よりお問い合わせください。

WebCMはこちら