1. GMOグローバルサイン
  2. 新着情報
  3. プレスリリース
  4. Wi-SUN Allianceが認証局サービスをメンバー企業に提供するためグローバルサインを選択
2017年10月04日 15:00 プレスリリース

Wi-SUN Allianceが認証局サービスをメンバー企業に提供するためグローバルサインを選択

平素は、グローバルサインをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

このたび、グローバルサインは、スマートシティーやスマートグリッドの無線通信規格を制定する、世界的な会員制の非営利団体Wi-SUN Allianceと共同で、下記のプレスリリースを配信いたしました。

Wi-SUN Allianceが認証局サービスをメンバー企業に提供するためグローバルサインを選択

Wi-SUN Allianceとは

Wi-SUN Allianceは相互運用可能な無線ソリューションの認証、その拡大に貢献する企業により組織される国際団体です。無線ネットワークを活用した住みやすい世界、具体的にはスマートユーティリティ(メーター、インフラ)、スマートシティ(街路照明、駐車場システム、トラフィック管理など)、スマートグリッドの実現に向けて、セキュアなデバイス接続をサポートしています。

今回の内容

今回、Wi-SUN Allianceが会員企業に証明書サービスを提供するために、弊社グローバルサインが採用されましたことをお知らせいたします。これによりWi-SUN Allianceのフィールドエリアネットワークに接続するデバイスはエントリーの認証に電子証明書が必要になり、デバイス内に電子証明書が内蔵されるようになります。

GMOグローバルサイン社は今後も、安全なIoTデバイスの普及・利用を促進、ひいては安全なIoT環境の実現を目指します。


参考:GMOグローバルサイン社のIoTへの取り組み

GMOグローバルサイン社では、2016年より、セキュアなIoT実現に向けた取り組みを積極的に行っております。詳しくは下記をご参照ください。

2016年1月29日インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)に加盟 試験用プラットフォーム設計に参加
2016年3月10日GMOグローバルサイン社、インフィニオン社、米・ニューハンプシャー大学 協同プロジェクトを開始
2016年4月15日「グローバルサイン IoTプログラム」を開始
2016年5月24日GMOグローバルサイン社、セゾン情報システムズ社とIoT分野で協業
2016年12月20日GMOインターネットグループの2社と、セゾン情報システムズ ブロックチェーンとIoTを活用した実証実験を実施
2017年1月31日GMOグローバルサイン社、IoT分野のリーディングカンパニー・韓国JCSQUARE(株)と協業
2017年3月17日ARM社の「mbed IoT Device Platformパートナー」に
2017年4月27日IoTデバイス向けのクライアント証明書の大量発行サービス「マネージドPKI for IoT」を提供開始
2017年6月20日GMOインターネットグループ、セゾン情報システムズ、パルコが共同で ブロックチェーンとIoTを活用した実証実験の第二弾を実施
ページのトップへ戻る