契約締結、管理業務を効率化

GMO電子印鑑Agree

従来の紙ベースでの契約書締結の印紙税を削減し、管理コストも含め業務を大幅効率化する電子契約ソリューション。契約業務に関わるコーポレート・ガバナンスも強化します。

電子署名・電子サインに対応したセキュアな電子契約

従来「紙+押印」で締結していた契約書に代わり「電子文書+電子署名/電子サイン」で締結する電子契約。電子契約を導入するメリットとしては締結コストを削減(印紙税、送料)、締結手続のスピードアップ、コンプライアンス強化などが挙げられます。
厳格な本人確認に基づき発行される『電子証明書』を利用した「当事者型」といわれる実印タイプ(電子署名)、メールアドレスにより本人確認を行う「立会人型」といわれる契約印タイプ(電子サイン) 2つの電子契約でご利用いただける電子契約サービスです。

サービスの特徴

電子署名・電子サインに対応

電子署名・電子サインに対応

2つのタイプでの電子契約に対応。2つのタイプを組み合わせた、自社は電子署名で法適合性や署名権限を限定しつつ相手方は電子サインという形も対応できます。

電子帳簿保存法に標準対応

電子帳簿保存法に標準対応

税法上で要求される検索機能を標準実装しており締結済みの電子契約を紙に印刷することなくそのまま保存することができます。

グローバルサインと連携

グローバルサインと連携

グローバルサインの発行システムと直接連携。電子認証局だからこそ実現できる安心な電子契約サービスです。

「実印」と「契約印」に相当する2つの電子契約に対応しています

実印タイプ(電子署名)

電子認証局により厳格に本人確認・発行された電子証明書により、電子署名(Digital Signature)を行う電子契約サービスです。

電子署名タイプ
  • 長所:電子署名法に準拠し、証拠力が非常に高い。 印章管理や署名権限管理などの厳格なガバナンス規定にも親和性。
  • 短所:契約相手にも電子証明書の取得が必要なため、負担と手間が掛かる。

契約印タイプ(電子サイン)

メール認証により本人確認を行い、電子的に署名(Electronic Signature)を行う電子契約サービスです。

電子サインタイプ
  • 長所:メール認証による本人確認のみで署名が可能であり、契約相手の負担が少なく、ライトな文書に利用しやすい。
  • 短所:メール認証で署名ができるため、企業ユーザーの場合は権限管理が困難。

プラン・価格

高度な身元確認付き

実印&契約印プラン

メールアドレスにより本人確認を行う「立会人型」と、厳格な本人確認に基づき発行される『電子証明書』を利用した「当事者型」の、両方の電子署名を使用した電子契約が可能です。

月額基本料金(税抜)8,800円
ユーザー数・送信件数無制限
送信ごとの費用
(契約印タイプ)
100円
※電子署名
送信ごとの費用
(実印タイプ)
300円
※身元確認済み高度電子署名
電子証明書年間1枚無料
初めての電子サインに

お試しFreeプラン

メールアドレスにより本人確認を行う「立会人型」での電子契約を、契約印タイプに限りユーザ数限定でご利用いただけます。電子契約・電子サインのお試し利用に。

月額基本料金(税抜)無料
ユーザー数1
送信ごとの費用
(契約印タイプ)
月10文書まで無料
※電子署名

実印タイプ(電子署名)/契約印タイプ(電子サイン)の比較

実印タイプ
(電子署名)
契約印タイプ
(電子サイン)
導入面

電子証明書

必要

電子証明書

不要

契約相手の負担

あり

契約相手の負担

なし

完全性の担保(改ざん防止)

(タイムスタンプ)

完全性の担保(改ざん防止)

(タイムスタンプ)
証拠力

本人性の担保

認証局による本人確認
(印鑑証明/企業DB+電話確認)

本人性の担保

メール認証

証拠力の強さ

(電子署名法第3条)

証拠力の強さ

導入効果

印紙代等のコスト削減

印紙代等のコスト削減

契約締結の効率化

契約締結の効率化

※GMO電子印鑑サービスAgreeは、GMOグローバルサイン・ホールディングス社の商標または登録商標です。

ご相談・お見積もり

電子署名ソリューション・製品・提携パートナーに関するご質問や、導入に関するご相談・お見積もりにつきましては、下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。

03-6370-6500
(平日10時〜18時)
お問い合わせフォームはこちら

ページのトップへ戻る