1. SSLのグローバルサイン
  2. 導入事例
  3. ヤフー株式会社様
お客様導入事例

ヤフー株式会社様

「SSLマネージドサービス」自動化APIを国内で採用

ヤフー株式会社

導入サービス:企業認証SSL(SSLマネージドサービス)

自動化APIにより、証明書取得のプロセスをカスタマイズ。複数部門や関連会社のSSLサーバ証明書の申請・管理を取りまとめる管理者の負担を削減に成功した事例です。

Yahoo! JAPAN

「SSLマネージドサービス」とは

SSLマネージドサービス」は、「EV SSL」「企業認証SSL」を即時発行することのできるサービスです。通常SSLサーバ証明書」を発行するためには、その都度第三者機関の企業もしくは書類の提出が必要となりますが、「SSLマネージドサービス」は、事前に企業情報とドメインを登録いただくことによって、登録済みドメインの「EV SSL」「企業認証SSL」を24時間365日、必要なときに即時発行することが可能です。これにより、申請手順を簡略化することができます。

「SSLマネージドサービス」の自動化APIについて

大量のウェブサーバやウェブサービスを所有している企業の場合、必要となるSSLサーバ証明書の数も多く、各部門や関連会社のSSLサーバ証明書の申請・管理を取りまとめる管理者の負担は非常に大きくなります。 GMOグローバルサイン社の「SSLマネージドサービス」の自動化APIを導入することで、自社独自で設けている証明書を取得する際のプロセスをカスタマイズすることができます。既にSSLサーバ証明書申請、取得の運用が定着している企業にとっては、簡易的に乗り換えが行えます。

SSLマネージドサービスの自動化API連携による証明書発行までの流れ

SSLマネージドサービスを導入し、自社ツールとAPI連携した場合の概略図

PDF資料・お問い合わせはこちら

電話:03-6370-6500(受付:平日10時〜18時)

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

ページのトップへ戻る