お客様導入事例

キー・ポイント株式会社様

セキュリティ強化で顧客のニーズに対応

導入サービス:マネージドPKI Lite

企業向けに大容量ファイルの送受信・共有ができるシステム、一つのメールアドレスをグループ共有により一括管理できるシステムなど、自社開発ソフトウェアと企業向けのシステム開発で事業を展開している。「価値ある技術の提供」を経営理念とした、SaaS/ASPサービス・OEMソフトウェア開発会社。

キー・ポイント株式会社ウェブサイト

インタビュー

Q. まずは導入していただいた御社のサービスについてお教え下さい。

大容量ファイル受け渡しシステム「WebFile」というサービスを運営しています。渡したいファイルを渡したい人だけにダウンロードさせる業界初の双方向オンライン・ストレージ・システムで、サービス開始から10年以上になる当社の主力サービスです。役職単位、部署単位、プロジェクト単位などでフォルダを分けることが可能なため、ダウンロードの権限を細かくカスタマイズすることができます。履歴管理を充実させており、有料版280社、無料版1,000社の企業様に導入していただいております。

大容量ファイル受け渡しシステム「WebFile」

Q. クライアント証明書を選択した理由をお聞かせください。

この数年で企業間のストレージ利用が増えてきた中で、あるメーカー関連のお客様から社内のデータ転送においてセキュリティ強化のご要望をいただきました。重要なデータを扱う際に従来からのIDとパスワードだけでは不十分であると感じていまして、IDとパスワードに加えて、IPアドレスによる制限を行うことも検討しましたが、モバイル端末からの利用ができないデメリットがあるため検討段階で除外しました。二要素認証を念頭に多くの方法を検討しましたが、実績が多く既存システムとの相性が良いクライアント証明書を採用することにいたしました。

代表取締役 大西正晃様

Q. 弊社サービスをどのようにご利用いただいてますか?

企業専用ストレージ・システム「WebFile」を機能拡張して、クライアント認証によるアクセスコントロールに利用しています。電子証明書を「持っている」こと、ID、パスワードを「知っていること」の二つを用いた二要素認証により、セキュリティを強化しました。

Q. 数ある認証局の中からグローバルサインのマネージドPKIをお選びいただいた理由がございましたらお聞かせください。

1枚の証明書を複製して利用可能なことが大きなメリットでした。部署ごとにアクセスコントロールを行う場合、関係者は同一の証明書を利用することができ、お客様にご負担いただくコストを大幅に削減できました。また、グローバルサインのSSLサーバ証明書を利用している当社のお客様も多く、電子証明書を発行する認証局として広く認知されているため、グローバルサインのクライアント証明書を導入した際のお客様の不安も少ないと考えられたこともあります。

Q. 弊社サービスを利用していただいた感想をお聞かせください。

アクセスコントロールの強化をご希望されていたお客様にはご満足いただいております。このお客様の課題解決をきっかけに導入を決めましたが、非常に合理的、効果的にクライアント証明書を利用できていると思いますので、当社の運営する他のサービスにも導入を検討しています。アクセスコントロールによりセキュリティがアップした新しい「WebFile」の今後に期待しています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.