お客様導入事例

カシオ計算機株式会社様

警告メッセージの表示が無くなりユーザの不安が解消

導入サービス:MS Authenticode対応コードサイニング証明書

デジタルカメラに同封されるソフトウェアに電子署名を行うために弊社のMS Authenticode対応コードサイニング証明書を導入されました。警告メッセージの表示が無くなっていたずらにユーザに不安を与える事が無くなり、サポートへの問い合わせが減ったとのことです。

カシオ計算機株式会社ウェブサイト

インタビュー

Q. コードサイニング証明書のご利用用途をお聞かせください。

弊社が販売しているデジタルカメラ用のドライバソフトウェアや関連ソフトウェアに電子署名(デジタル署名)をするために利用しています。電子署名をしたソフトウェアはデジタルカメラを利用するユーザに製品と同封されるCD-ROMまたはサポートサイトからのダウンロードを通じて提供されています。

Q. コードサイニング証明書を導入された理由をお聞かせください。

Windows Vista以降、Windowsのセキュリティが強化されたことにより、電子署名されてないソフトウェアをインストールする場合は、プログラムの内容に関係なく「発行元を確認できませんでした」という警告メッセージが表示されるようになりました。当社のドライバソフトウェアでも電子署名をしていないと警告メッセージが表示されてしまうため、警告メッセージを出さないために電子署名を行いました。

Q. 弊社サービスは御社にとってどんなメリットがございましたか?

ITに関する知識があまりないユーザも利用するソフトウェアであるため、警告メッセージが表示される事でいたずらにユーザに不安を与えてしまうことが考えられます。ソフトウェアに電子署名をしたことで、ユーザに不安な思いをさせることが無くなり、サポートへの問い合わせも減りました。

Q. 弊社をお選びいただいた理由をお聞かせください。

実績と安心でグローバルサインを選択しました。SSLサーバ証明書の取扱い実績と国内認証局であることで信頼を感じました。導入前には他社との比較も行いましたが、価格やウェブでの解説の豊富さ日本語サポートの充実などからグローバルサインに決定いたしました。

Q. 弊社サービスに対するご意見をお聞かせください。

一連の手続きがメールとウェブの手続きだけで完了し数日のうちに発行されました。ウェブ上の解説も分かりやすく、申し込みから導入までとてもスムーズで大変満足しています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.