新着記事

EUのeIDAS規則から見えてくる電子契約のあり方

2014年7月にeIDAS(イーアイダス)規則*1がEUで採択されました。これまで、EU加盟各国は1999年の電子署名指令をベースに独自の電子署名法を定めていましたが、eIDAS規則の施行をもって、現在では全てのEU加盟国に直接適用されています。このeIDAS規則は、電子署名だけでなく、タイムスタンプやeシール、eデリバリーなどを「トラストサービス」として新たに定義し、法的効力を与えています。本ブログでは、eIDAS規則の概要とその動向について解説します。

記事の続きはこちら

グローバルサイン最新情報をお届け

無料メルマガ登録はこちら

マンガでわかるSSL

ブログ記事

2019年05月07日

EUのeIDAS規則から見えてくる電子契約のあり方

2014年7月にeIDAS(イーアイダス)規則*1がEUで採択されました。これまで、EU加盟各国は1999年の電子署名指令をベースに独自の電子署名法を定めていましたが、eIDAS規則の施行をもって、現在では全てのEU加盟国に直接適用されています。...
記事はこちら

2019年04月01日

電子証明書シリアル番号のランダム性欠如による脆弱性

電子証明書の業界標準を定めるCAブラウザーフォーラムの要求『Baseline Requirements』では、電子証明書のシリアル番号に対し、「暗号学的擬似乱数生成アルゴリズムを使って最低限64ビットとしなければならない」と定めています。昨今、こ ...
記事はこちら

2019年03月14日

PDF署名検証における脆弱性の危険

PDFは標準化された電子文書フォーマット形式であり、読み込みにも互換性が保ちやすく、ペーパーレス化に適しています。契約書をデジタル化して「電子契約」に置き換えるという動きも広がリ、PDFへの電子署名も標準化されてきました。こうし ...
記事はこちら

2019年02月25日

常時SSL設定率TOP10の業種とSSLタイプ別の傾向

JIPDECは2018年10月23日に企業等の常時SSL/TLSの調査を行い、結果をJIPDECのウェブサイトに「常時SSL/TLS化調査レポート|企業サイト対応状況」として公表しました。上記調査はネットビジネスサポート社が保有している企業及び団体約40万の ...
記事はこちら

PKI・電子証明書入門

 
#
 

PKIとは・暗号化とは

PKI(公開鍵暗号基盤)とは、公開鍵と秘密鍵のキーペアからなる「公開鍵暗号方式」という技術を利用し、インターネット上で安全に情報のやりとりを行うセキュリティのインフラ(基盤)のことです。

PKIとは
暗号化とは
 
 

電子署名・暗号化とは

電子署名は、PKIを利用して、データの改ざん検知と署名者の特定を行うことができます。 またデータを第三者にとって意味をなさない値に変換することを暗号化といいます。

電子署名とは
暗号化とは
 
#
 

認証局とは

認証局(CA)の役割は、電子証明書を発行すること、失効の依頼を受けた電子証明書や秘密鍵の危殆化の可能性のある証明書を失効させることです。

認証局とは
ルート認証局の信頼性
 
#
 

電子証明書と応用

電子証明書は、インターネットや電子の世界で持ち主の情報を証明します。パスポートや印鑑証明書と同じように、認証局と呼ばれる組織が、持ち主の身元情報を認証し発行します。電子署名や通信の暗号化と組み合わせにより、いろいろな場面で利用されています。

電子証明書とは
SSLとは?httpsとは?
クライアント証明書とは
SMIMEとは
コードサイニングとは

用語集・活用事例・動画

用語集

当ブログや弊社サイトのナレッジなどに登場する様々な用語と簡単な説明をまとめました。

用語集
 

活用事例

様々なセキュリティの問題の解決に活用される電子証明書の活用事例をご紹介します。

活用事例一覧
 

動画・資料

「クライアント証明書」に関する4種類の動画と、弊社でPDF配布しております各種資料についてのページです。

動画・資料一覧
 
PDF解説資料をご用意しております

SSL・クライアント証明書・メールセキュテリィなどのキホンから応用までを詳しく解説したPDF資料をご用意しております。

ページのトップへ戻る