ブログ記事一覧

2020年03月10日

Google Chrome 81が混合コンテンツのサイトをブロック

サイトの作成と管理において、サイト全体をHTTPS化して安全性を高めるアプローチは一般的となりました。しかし、HTTPからHTTPS化したサイトを中心に一部で混合コンテンツのリスクが残っています。...続きを読む

2020年02月25日

SSLサーバ証明書の有効期間を短縮するというAppleの決定に関して

2月18日からスロバキアで行われたCA/Browser Forumにおいて、Appleより「2020年9月1日以降発行するSSLサーバ証明書の有効期間を398日に制限する」と発表がありました。現在のSSLサーバ証明書の最長有効期間は825日(27ヶ月)です。...続きを読む

2020年02月04日

パソコンにダウンロードしているアプリケーションは、本当に安全なのか

現在、多くのパソコン利用者は、パソコンにインストールして利用する「ネイティブアプリ」とブラウザから利用する「Webアプリ (SaaS)」を併用しています。ネイティブアプリの代表例は、Microsoft Officeやウイルス対策ソフト、Adobe Photos ... 続きを読む

2019年12月10日

オンライン本人確認eKYCとは?導入メリットと今後の展望

スマートフォンの普及に伴い、耳にすることが増えてきたのが「eKYC」です。eKYCという用語を知らなくても、金融機関の口座開設、アプリの本人確認などで既に利用している人は多くに上ります。以下では、eKYCの概要、サービス提供者とユーザ ... 続きを読む

2019年11月26日

情報セキュリティの課題を解決する公開鍵暗号方式

情報セキュリティはあらゆる企業・組織の課題です。では、企業・組織は情報セキュリティについて、どのような課題を持っているのでしょうか。2019年に、アメリカのITシンクタンクである 451 Allianceは、「情報セキュリティにおける10の課 ... 続きを読む

2019年10月29日

情報セキュリティを保ちテレワークを導入・推進する5つのポイント

国土交通省が2017年に行ったテレワーク人口実態調査によると、企業などに雇用されている正社員・派遣社員・契約社員などの「雇用型」労働者においても、テレワークが増加している実態が明らかになりました。雇用型労働者のうち、15歳~29歳 ... 続きを読む

2019年09月30日

EU電子インボイスと日本のインボイス制度の将来像

2019年10月より、日本では軽減税率制度が開始されます。さらに4年後の2023年10月からは、複数の税率に対応した仕入税額控除の方式として、「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」が導入され、これによって課税事業者は事業者登録番号 ... 続きを読む

2019年07月30日

IoTセキュリティを確保する5つの基本的な対策

IoT (Internet of Things: モノのインターネット) という言葉はすっかり一般的になり、強気の将来予測が語られるようになりました。一例として、経営コンサルティング会社として有名なマッキンゼーは、「The IoT as a growth driver (IoTこ ... 続きを読む

2019年06月04日

CA/Browser Forum 2018年の主な出来事とSSLの今後の焦点

2018年はCA/Browser Forumにとって比較的忙しい一年でした。昨年起きた電子証明書に関する重要な出来事と、今後の見通しについて簡単にまとめました。...続きを読む

2019年05月07日

EUのeIDAS規則から見えてくる電子契約のあり方

2014年7月にeIDAS(イーアイダス)規則*1がEUで採択されました。これまで、EU加盟各国は1999年の電子署名指令をベースに独自の電子署名法を定めていましたが、eIDAS規則の施行をもって、現在では全てのEU加盟国に直接適用されています。...続きを読む

PDF解説資料をご用意しております

SSL・クライアント証明書・メールセキュテリィなどのキホンから応用までを詳しく解説したPDF資料をご用意しております。

ページのトップへ戻る