SEP
30
2013

GSパネル機能改善について

著者:中條 勝夫

このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2011 e350 paper prototype by Samuel Mann, on Flickr

2013年6月よりGSパネルのインターフェースが変更になったことをご利用されているお客様はお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。GSパネルがリリースされてから約6年間、マイナーアップデートで維持していたGSパネルのインターフェースを比較的大きく変更しました。
GSパネルはお客様の声を取り入れながら、頻繁に機能追加をおこなっております。その一方、機能の詰め込み過ぎによる使いにくさもご指摘いただいておりました。そこで、既存のお客様への使用感を大きく変えない範囲で、より効果のある改善をすることを目標としてプロジェクトを実施しました。まず、プロジェクトに先駆け、GSパネルをよくお使いになるお客様にアンケートやインタビューをさせていただきました。そこで浮かび上がってきた不満なポイントは下記の3つでした。

  • 検索機能
  • よく使う機能への導線
  • メニューの配置、グルーピング

検索機能改善

GSパネルの検索機能はなるべく多くの検索方法をサポートするため、様々なand/or検索に対応しておりましたが、検索条件の設定が容易ではないという問題点がありました。そこで、難解な検索条件入力を廃止し、より多くの方が利用する「コモンネーム」または「オーダーID」による検索に機能をしぼることで、入力フィールドを一つにすることにしました。しかしながら、「詳細検索」機能で細かい検索条件の設定も可能なので、多くの証明書を管理されているお客様にも対応しております。

導線の改善

GSパネルは機能を詰め込みすぎて、使いたい機能になかなか到達できないという声をいただいておりました。そこで、各タブのランディングページに、最もよく使われる機能をアイコン化しました。また、ログイン直後に表示されるタブを設定できるようにしたので、よく使うタブへすぐにアクセスすることが可能になりました。

各機能の再配備

今回の変更で、「GSパネル管理と経理」のタブを新設いたしました。そこに一般的な機能設定やユーザ管理、または帳票機能等をまとめました。

今回のアップデートで、少しでもGSパネルが使いやすくなったと感じていただければ幸いです。また、更なる改善を目指しご意見も募集中ですので、ぜひ、お声をお聞かせいただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

公式SNS フォローはこちら

RSSフィード

Facebook

Twitter

Youtube

グローバルサイン最新情報をお届け

グローバルサインライブラリー

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.